脱毛サロンで部位によって効果に差がある?

###Site Name###

暑い日が続くようになると、脱毛サロンも多くの女性でにぎわってきます。特に最近は、すべすべつるつるの肌を目標に、全身脱毛を希望する女性が多くなっています。

秋や冬頃から通い始めて、夏には美肌を手に入れたいと考えているのでしょう。

しかし、まれに施術した部位によって、効果に差があるのではないかと感じる女性たちがいます。

その理由はどのようなところにあるのでしょうか。



例えば、初めて脱毛サロンで、ワキの毛を処理したとき、「薄くなった!」と強く感じたのではありませんか。

ワキの毛は、体毛の中では太く、色も黒々としていることが多いです。

光脱毛は、毛の黒い部分に光線を当てることによって、毛根の細胞を壊し、毛を抜けさせるのです。

そのメカニズムでワキの毛が抜けると、もとが太くて黒かったせいで、一回の施術でも、大分薄くなったように感じてしまうものです。


それに対して、背中やうなじは、産毛のような細い毛なので、脱毛してもあまり実感が湧きにくいのです。

特に普段は自分で見えない場所であるため、関心も低い場合が多く、確実に毛が無くなっているにもかかわらず、たいして効果があらわれていないように感じるだけです。
脱毛サロンでおこなう全身脱毛は、時間はかかりますが、確実に全身の毛を抜いていきます。


一見、あまり効果が見られない部分でも、施術ごとに成果は上がっているので心配する必要はありません。



それよりも、全身脱毛は身体に負担がかかるので、施術後にしっかりと休むことと、発赤の出ている部分をクーリングすることを忘れないようにしましょう。

浸透生の高い保湿ローションで、十分水分を補って疲れた身体を癒してあげてください。