脱毛サロンで施術後、発赤が出たら

###Site Name###

医療脱毛クリニックよりも、低下で施術ができ、かつ痛みの少ない脱毛サロンに来る人はたくさんいます。


現場のスタッフも丁寧にカウンセリングをし、アフターケアなどについても説明がありますが、施術後の肌に異変が起こると、普通の人たちは慌ててしまうと思います。



実際には、こまめにアイシングをして、痛みを軽減しながら、肌を守りつつ施術をすすめますが、まれに肌が弱い人などについては、処置後に発赤が起こるケースもあります。


その場合については、どのように対処すべきか知っておきましょう。
敏感肌の人や、肌の弱い部分を施術するとまれに発赤が起こります。

そのときは自宅に帰ってからも、氷嚢や冷やしタオルで患部をクーリングしてください。



それだけで、赤みは大分早く引いていくと思います。

また、入浴の際には、患部を湯船につけないようにしてください。

施術後の肌は軽い火傷を負っている状態ですので、熱い湯につけるとますます熱がこもってしまいます。

脱毛サロンでのカウンセリングのときにも説明があると思いますが、広範囲にわたって施術をおこなったときは、入浴を避け、必要によってシャワーなどで済ませるようにしましょう。



施術後の肌はとても乾燥している状態にあります。刺激を与えたり、こすったりせずに、早めに保湿ローションやクリームを使って、保護してあげてください。
このような形で処置すれば、翌日には発赤が引くと思われます。


万一、水ぶくれになっていたり、化膿が疑われるのであれば、すみやかに脱毛サロンに相談するようにしましょう。